よくお寄せいただくご質問

これまで当会に多くお寄せいただいたご質問などをご紹介します。ぜひご参照ください。

Q.会員募集の期限はありますか?

A.年内の演奏会参加をご希望の場合は「総会」当日(2017年度は7月2日)までににご入会をお申し込みください。また、入会手続きは遅くとも7月末までに済ませていただき、練習は原則として第1回からのご参加をお願いしています。
なお、締め切り後のお申し込みにつきましては、「お問い合わせ」ページでご案内している電話連絡先やメールフォームなどをご利用の上必ず事前にご連絡ください。当会の規定をもとにお返事させていただきます。

Q.練習場所はあらかじめ分かりますか?

A.詳しい練習場所は会員向けの会報で練習予定日とともにお知らせしております。また、当サイトでも大まかな場所をご案内しております。

Q.練習はいつも決まった場所で行われているのですか?

A.当会は多摩市内の公共施設や民間施設を利用して練習しておりますので、施設予約の関係から、年間を通して練習会場を固定できません。なるべく唐木田駅、多摩センター駅、永山駅からの徒歩圏内の施設を選ぶようにしております。

Q.練習を見学できますか?

A.はい。見学希望の場合には事前にお申し込みください。ご入会を検討中の方や当会の活動にご興味をお持ちの方など、ご見学の主旨を「お問い合わせ」ページでご案内している電話連絡先やメールフォームにてお知らせくださいますようお願いいたします。練習会場の詳細や時間なども、その際にご確認いただけます。

Q.会費はいくらですか? またいつどのようにしてお支払いすればいいですか?

A.例年、年会費として¥12,000(学生¥6,000)を頂いておりますので、参加初日に受付にてお支払いください。なるべくおつりのないようにお願いしております。

Q.年齢制限はありますか?

A.特にありません。第九を歌うことに情熱をお持ちで、毎週の練習(3時間程度)に出席できる方であれば、どなたでもご参加いただけます。ただし変声期、あるいは変声前のお子さまのご参加は原則としてご遠慮いただいております。

Q.合唱やドイツ語の経験がないのですが、大丈夫でしょうか?

A.ご安心ください。毎回、初めての方も大勢入会しておられます。 先生方にはドイツ語の発音の指導もお願いしておりますし、ご自宅での予習、復習ができるよう、音取り用の練習テープの貸し出しも行っております。

Q.自分に最適なパートがわからないのですが?

A.パートのわからない方には、ご本人の声を先生に聞いていただきます。その上で適切な指導を行っていただいております。

Q.多摩市民でなくても参加できますか?

A.近隣地域の方ならご参加いただけます。多摩市住民が中心となって結成した会ですが、多摩市内に通勤、通学されている方で練習会場に通うことができる場合には特に問題ありません。

Q.毎週行われる練習には、必ず出席しなければならないのですか?

A.先生方からは、その日の練習ごとに歌唱上のポイントが指摘されます。また、その年のマエストロによって、合唱団への指示は大きく異なります。それを全員で確実に理解して習得する必要がありますので、「第九」や「合唱」経験の有無にかかわらず、やむを得ない場合を除いて練習には毎回ご出席いただいております。

Q.本番の服装として、何が必要になりますか?

A.当会ではユニフォームを用意しておりません。男性は白いワイシャツ、黒のスーツ上下、黒蝶ネクタイ、黒靴。女性は白い長袖ブラウス、黒のロングスカート、黒靴を着用します。演奏会までにご自身で準備していただいております。なお、アクセサリー類や光る装飾は厳禁としております。

Q.ほかの第九コンサートに参加できますか?

A.ご参加いただけます。毎年、全国の合唱団が集結して開催される『国技館5000人の第九コンサート』や、四国での『鳴門「第九」をうたう会』には、当会からも有志を募って参加しております。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

Q.強化練習とはどのような練習ですか?

A.毎年10月初旬から中旬にかけて、2日間続けての強化練習を設けます。それまでの練習効果を各自チェックし、足りない点を反省し、その後、重点的に練習すべき点を把握してレベルアップを図ります。

Q.事前練習会では何をするのでしょうか?

A.第九合唱に向けて、発声の強化を主な目的とし、あわせて演奏会のもう1曲の合唱曲の習得も行います。あくまでも本練習前のトレーニングとお考えください。

Q.練習開始はいつですか?

A.例年6月末から7月最初に行われる総会の日に練習をスタートします。
2017年の総会は7月2日となり、その日に第1回練習を行います。